タイトル画像

色彩

2019.07.09( ) 247

こんにちは、東京営業所市川です。
梅雨寒の7月ですが、少し過ごしやすいですね。
またブログの更新が滞っているとの声が聞こえてきそうなので、重い腰をあげました
株式会社大倉では毎月社内報が発行され、社内外の情報のほかに、持ち回りで社員が寄稿するコーナーがあります。
おもしろいネタが思い浮かばないので、私がその時に書いた文章をご紹介します。
ちなみに、この話を小学生時に母に話したところ、「本当におまえは天の邪鬼だね!」と言われました


 色彩―。私に見えている色が、他の人とまったく同じだとは限らないのではないか、そんな疑問がふと湧いたのは小学生の時分だ。もし違ったとしても、それを検証する方法など存在しない。学術的にはあるのかもしれないが、そんなもの訳が分からないから納得できない。私が赤と教わったその色は、私から見て間違いなく常に赤であり、他の人には青に見えていたとしてもやっぱり赤にしか見えようがないのだ。
 そう考えるとますます疑問が膨らんでくる。桜の淡いピンクも新緑の青々とした美しさも、秋を彩る紅葉のコントラストも、みんなには私と同じように見えていないのだろうか。でもそれらはほとんどの日本人が美しいと答えるものだから、私の目というか脳には異常がないのだろう。
 そうでなければセンスの問題になってくる。あの紅葉のコントラストが私と同じ赤や深い緑や黄色に見えていないのに、美しいという人たちの感覚に問題がある。それとも私のセンスに問題があるのかな。
 ここまで考えが及ぶと、諦めが生じてきた。確かめることができないこの疑問は、自分に見えているものはこうだからと諦めるしかないのだ、と。物の見え方だけでなく、見方と見られ方は必ずしも一定ではなく、人それぞれ、またその時々によって違いが生じるものなのだろう。
 だから、どんなに説明しても誰にも信じてもらえないが、私が6年生の時に見た全長80cmを超え、直径2cm位ある大ミミズや、外房沖の夜空を素早く飛び回るUFO、一際大きく、みなとみらい地区の明るくオレンジがかった夜空に浮かんでいたUFOも、誰にも見間違いとは言い切れないはずだ。
 まあそんなことはさておき、見方、見え方、見られ方が一定ではないのであれば、節度を持った範囲でなら、誰にどう思われてもいい、少し突拍子のないことでもいい、人の目を気にせず思うとおりに生きていこう、そう思っている。新しい何かは、そんなことから生まれるのかもしれないから。


Re-soil


未分類 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
タイトル画像

昆虫大戦争2

2019.05.14( ) 246

東営戦線記 二章
(島田二等兵による体験記より抜粋)


繰り返される襲撃が、兵士たちの心をむしばんでいく。




昨夏、大佐不在時を狙われた黒い一連星による単機侵入攻撃により、拠点陥落の危機を迎えた東営軍は、I少佐の捨て身の奇声攻撃により、辛くも勝利を納めることに成功した。

東営にも安息の日々が戻り、この平和が続くと思われた。



しかし

終戦から、早いくとし

啓蟄の頃を迎え


静寂な日は唐突に、

不意に終わった。



東営を統括するN大佐による迫撃音により開戦が告げられた。

バァン!

恐れ多くも大佐の視界で羽虫が挑発行為をしたようだ。
大佐の動きは迅速だ。

虫・即・断

敵の尖兵は即座に抹消された。


この時はまだ東営拠点全域にまで戦火が拡大するとは夢にも思わなかった。





バンバババァァァン!!

迫撃音が鳴りやまない。連打連打連打
大佐の爆撃が止まらない。

どうしたことか?

何が起きている!?


拠点内にはすでに無数の敵兵の侵入を許していた。

一体いつ?どこから??

侵入経路を絶たねば!

緊急戦略会議が開かれた。

① I翁の飛蚊症が具現化した 説
② 少佐が窓を開けたから 説

2。
敵の増援は無いと判断された。

そして今後の対策として
1 共存
2 殲滅

採択が取られた。

無論
2だ。

前大戦では熾烈を極め、東営軍にも尊い犠牲が出たが、今大戦では状況が違う!

そう!大佐がいる!

戦略会議終了後、直ぐ様前線に戻り孤軍奮闘!
撃破数は裕に30を越えた!

そして、少佐も続いた。
前戦の戦果を猛省し、折れた心を立て直し、雪辱を晴らすべく敵陣に斬り込んだ。

二人がかりで一心不乱に猛攻。

ダダダダダ
バババババ


今ここに来客があれば、ドアを開けることなく踵を返したことだろう。

拠点内にはそれだけの烈迫の気合が満ち満ちていた。


ゲリラ兵による散発的奇襲はあるものの確実に制圧に向かっている。
しかし、今回も戦局を揺るがす重大な局面を迎える!!

翁が捕縛した敵兵を窓外に釈放すると言い出した。

御老公、気は確かか!?

そんなことをしたら、敵の大増援により一気に形勢は不利に

しかも、窓の外には
少佐曰くソフトボール大のドローンみたいな虫が
大佐曰くテニスボール大の虫が
こちらを狙っているらしい
しかも、大量に。

いやいやいやいや
将校達も気は確かか!?

そんなサイズの虫がいる訳は

残念ながら二等兵には視認できず。
手元はさておき、遠方の視力には問題無い二人が言うのならば、
真実か!

大佐から翁への叱咤により、窓の開放は寸前にて止まった。敵の補給路は断絶したままだ。

この瞬間、勝敗は決した。

そして大佐から配下を鼓舞する力強い言葉
そう
ストロングワーズが出た!

「そっちはお前らで血祭りに上げろ!」
日常会話で[血祭り]初めて聞いたよ((( ;゜Д゜)))

しかし、大佐の言葉の真意はきっとこうだ
「(前線には俺が残り、撃ち取る。しかし万が一撃ちこぼしがあったら)そっちはお前らで血祭りに上げろ!(俺のことは気にするな。通常業務に戻れ)」

多くを語らぬ背中

そこに痺れる憧れる





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サブリーダーこんなもんでいいですか?

え 何?

前回のブログで
ゴキブリを素手でつかもうとする女と思われた。
パンとウサを愛でる優しい家庭的なイメージがくずれた。

いやいや 
知らないです。
嘘偽りないし


Re-soil


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

生食パンを焼く

2019.03.15( ) 245

光陰矢のごとし!

あ、こんにちは、東京営業所の市川です。
年末からばたばたと忙しくしていたらなんともう3月!
驚きました・・・
いつも通勤電車で同じ車両に乗っていた女子高校生も卒業してしまったようで、
なんだか寂しい気がします。
(椅子取りゲームのライバルだったので)


さて今回は、今私がドはまりしている趣味のお話です。
実は昔からパン作りが趣味なのです。
一時期はスクールで習っていて、講師の資格をもっています。

ただ最近は、焼いたら食べてしまう→太る・・・という理由からあまり作っていなかったのですが、
「高級生食パン」を焼いてみたいと思い立ち、クックパッドのレシピを改良し、試行錯誤の日々を送っていました。

生食パン・・・
食パンは焼いて作るのに何が生食パンだ?
トーストしないでもおいしいってことかな?
と思っていたのですが、生キャラメルや生チョコレートのように
口どけがよくとろけるようなってことなんですって。

最初、食べたこともないのにチャレンジしたものだから、生食パンの意味を勘違いして焼いてしまいました。
生クリームやバターをたっぷり配合して、そのまま食べてもおいしいパンができあがったのですが、
本物の生食パン経験者の友人に意見をもとめたら、もっとふわふわでもっと耳が薄いと言われたのです。

分量の見直し、焼き時間・温度を調整したのですが、腰折れ(焼きあがったパンが内側にへこんでしまうこと)してしまうなど失敗を繰り返しました。

そして最近やっと、思うような食パンが焼けるようになりましたよ(*’U`*)
耳がうすくて耳までおいしい、ふわふわな生食パンです。

RIMG-6704.jpg

腰折れぎりぎりの温度で焼くので、焼きあがって型からはずしたらすぐにうちわであおぎます。
試食した友人からも完璧とのコメントをもらうことができました。

やっと満足するパンが焼けたのですが、ここまで来るのに何度2斤の食パンを焼いたかなぁ・・・
食べたら試食するじゃないですか?そしたら太るじゃないですか?

ということで、「ヤマザキ春のパン祭り」ならぬ「イチカワ春のパン太り」開催中(?)です



おまけ
(分割後のベンチタイム。グルテンが膜を作り、イーストが糖を分解して発生させたガスをしっかり保持しているのがわかります。パンはこの仕組みで膨らみます。生地をぴんと張らせるように丸めてしっかり閉じるのがポイントです。生地を触り過ぎたり張らせようとひっぱりすぎたりするとグルテンの膜がやぶけてガスが漏れてしまい、ふくらみが悪くなります。)
RIMG-6402.jpg


(成型して二次発酵後。ふたをしてオーブンで焼くと、更に膨らんで四角い食パンができあがります。)
RIMG-6450.jpg



Re-soil


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

新年ご挨拶

2019.01.07( ) 244

明けましておめでとうございます。東京営業所の市川です。

いつも初詣に実家近くの弘明寺観音に行くのですが、
ここのおみくじが「大凶・凶」の確立が高くて有名なのです
ですが今年は久しぶりに大吉を引くことができ、内容もとてもよかったので、
その内容通りにいい年になるよう、頑張りたいと思います
本年も宜しくお願い致します。

さて、株式会社大倉は本日が仕事初め、恒例の大久保社長の年頭のご挨拶を抜粋ですがご紹介致します。

------------------------------------------------

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
今回の年末年始休暇は久方ぶりに長いお休みが取れたということで、皆さんも十分に英気を養われたのではないかと思います。

今年は亥年ですがどのような年回りかと言いますと、十干十二支によると己亥(つちのとい)です。
十干十二支というのは植物とか草木の成長過程に例えられると言われますが、「己(つちのと)」は草木が十分に生い茂って整然としている状態を示し、「亥」は草木が枯れ落ちて種の内部に草木の生命力がこもっている状態、すなわち要約して我々人間に例えると、自己実現から人・社会への貢献へと転換する時期に当たるといったことをあらわしているそうです。

昨年・一昨年は種まきの時期、刈り入れの時期と例えてお話しさせていただきましたが、「己亥」の年は完成した自己や成熟した組織が足元を固めて次の段階を目指す準備をする年に当たるということだそうです。
これをみて、当社にとても環境が似ているのではないかなと思いました。

ちょうど来年節目の50年を迎えますが、まさしくその50年の節目に向けて、しっかりと会社を継続させていくための新たな足場作り、足元をしっかりと固めていく年ではないかと感じました。
もちろん日々の営業もおろそかにすることはできませんが、今年は内部のことに関してもより繊細に気を遣い足場固めをする、そんな一年にしていただきたいと願っております。

昨年末のパトロールでは、当社が大規模な現場を受注するようになったことに感心しました。
また今年は、順調にいけば夏頃には、許可申請中の田倉5期の工事が始まることになっております。
建材部に関しては、昨年は苦労して値上げのお願いをお客様にご理解頂きました。
大変厳しい状況で苦労されているとは思いますが引き続き窮状をお察しいただけるよう、頑張ってほしいと思います。
翔洋丸の運航効率は、千葉支店の皆さんの努力により非常に良くなってきて、安心しているところです。
今年は投資していたものが、我々の従事することに結びついて行く一年となることを願っています。

それにはやはり社員の方々の健康が一番大切であると思いますので、どうかご自身が気を付けて、自己管理を十分に行い、
病気になってしまった方はしっかりと治療していただきたいと重ねてお願い申し上げます。

今年一年長丁場になりますが、皆さん共々歩んで行きたい、そのように思っております。
宜しくお願い致します。ありがとうございました。





Re-soil


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

本年もありがとうございました。

2018.12.27( ) 243

リソイル部の砂田です。
今年も後4日となりました。振り返ると西日本豪雨、北海道地震と今年の漢字 『災』が
象徴するような年でした。来年は『幸』という字が書かれるよう祈ります。
10月に手術した、心臓は1か月検診で正常に動いていました。10月25日手術30日退院
31日本社出勤、その日から1万歩強の営業活動、医者から2週間はデスクワークしなさいと
言われていたが、サラリーマンの性か? 机の前にすわることなく1週間をすごしました。
先日 薬が切れたので、医者に処方箋を書いてもらい薬局へ2か月分で1万8千円です。と
言われた時は、一生涯、 薬の為に働く事を覚悟した。心臓の薬高額です!
そういううわけで来年もしっかり働かなくてはならない。来年こそいい年になりますよう。頑張りましょう。

Re-soil


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. 色彩(07/09)
  2. 昆虫大戦争2(05/14)
  3. 生食パンを焼く(03/15)
  4. 新年ご挨拶(01/07)
  5. 本年もありがとうございました。(12/27)
次のページ
次のページ