タイトル画像

トルコ旅行(6)

2013.04.27( ) 100

 リソイル部の砂田です。今日はいよいよカッパドキアです。

その前にアイマルクの地下都市に行きました。2万人位のキリスト教徒が迫害を避けるため

住んでいたそうです。

下は地下住居跡

トルコ 073_R.jpg

キッチン部分の石の臼

トルコ 074_R.jpg

 カッパドキアの風景(天候曇り)

トルコ 081_R.jpgトルコ 082_R.jpg

 観光シーズンでないのかお土産物屋さんはほとんど閉店状態   岩に穴が開いているのは住居の窓や入口です。

トルコ 083_R.jpgトルコ 084_R.jpg

 

トルコ 085_R.jpgトルコ 086_R.jpg

 ギョレメの谷の風景  ちょっと前にエジプトで熱気球事故がありましたが、ここカッパドキアでも熱気球体験ができる

トルコ 087_R.jpgトルコ 088_R.jpg

 トルコの犬 日本の犬と違うような気がした牧羊犬みたいだった。

トルコ 089_R.jpgトルコ 091_R.jpg

 洞窟家屋の中を見せてもらった。トルコ絨毯が敷き詰められ  トルコアイスのパホーマンス ヤギのミルクで作るのでよく伸びる

 冬は暖かく、夏涼しいとの事                      とのことだった。3リラ(当時120円位)

トルコ 090_R.jpgトルコ 092_R.jpg

 カッパドキアの奇岩群                          有名なラクダ岩

トルコ 102_R.jpgトルコ 106_R.jpg

 スリーシスターズと言われている岩の前で(一人隠れて見えませんが)       下はシメジ岩の群れ

トルコ 107_R.jpgトルコ 105_R.jpg

 昼食は洞窟レストランです。 カッパドキアの岩を模した容器に入ったワインが有名です。(3千円から)

 ミニチアビンは600円位だったかな? 日本まで中身は持って帰れませんでした。家内がホテルで飲んじゃった。 

トルコ 100_R.jpg

洞窟レストランの内部  食事は マスの焼いたものがメイン

トルコ 097_R.jpgトルコ 098_R.jpg

 トルコの陶器 トルコ文様がすばらしい お土産に最適(一枚 1000円~) 重たいけど手荷物で持って帰った方がいいですよ

トランクにしっかり梱包したつもりでしたが、1枚われてしまった。

トルコ 099_R.jpg

 

もう一つ忘れてはいけないものはトルコ絨毯  トルコ絨毯の技術を教えている場所のお店の内部

シルクの絨毯が一番高い、たのアラブ諸国の絨毯より裏表使えるよになっているのでいい品がある。

みんな手作りなので、一日の進み具合で値段が決まる。細かい作業なので、みんな目が悪くなるとの説明だった。

トルコ 076_R.jpgトルコ 077_R.jpg

日本語ペラペラの説明人 この後1家族ごとにセールスマンがついてきて

誰か買うとその場にいる全員が拍手 高級絨毯を買いそうな人は別室に連れて行かれ交渉になる。

我が家も玄関マットを5万円の値段のものを3万5千円に値切って買ったけど同じ柄のセンターラグを

15万円で買ってくれたら玄関マットをサービスといわれたが、我が家のどこに敷くのか日本の家の狭さを

知っているのか?ツアーで最高額を買った人は200万の物を120万で買っていました。値切るに限る。

当家の玄関マットは猫がいても大丈夫と言われて家に帰って敷いたけれど1週間もたたず 猫にやられて、

物置にしまわれてしまった。

トルコ 079_R.jpg

説明がうまいんだわよっぽどの固い意志が無いとついその気になってしまう。

次回は いよいよイスタンブールです。 



Re-soil


<<プリンセスダイアナ | ホームへ | 本社改修工事中!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohkura1441.blog.fc2.com/tb.php/100-af332994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)