大気汚染物質 中国から飛来

体調を崩したため、自宅待機で暇な市川です。

お仕事を助けてくださってるリソイル本部のみなさん、ありがとうございます!

 

さてさて、自宅待機がつまらなすぎるため、本日2度目のアップです。

今、ニュースで九州などで、大気汚染物質の観測値が一時的に上昇していることが分かり、

深刻な大気汚染が続いている中国から流れてきている可能性が高いとみられていると報じていました。

ちょっと気になって調べてみたのでご報告します。

 

まず、今回国内で一時的に高く検出されている物質は「PM2.5」で直径が2.5μm(マイクロメートル)以下の超微粒子です。

車の排気ガスなどに含まれる物質で、中国の東部から内陸部で先月初めから深刻な汚染状況が続いているとのこと。

 

浮遊粒子物質の中でも、粒径2.5μm以下の小さなものを微小粒子状物質と呼び、日本では2009年に微小粒子状物質についての環境基準が定められました。

大気汚染に係る環境基準の中の、微小粒子物質に係る環境基準に、このPM2.5がひっかかっているというわけです。

「1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。」

PM2.5は様々な物質が混ざっているので一概にこういった部分に害を及ぼすとは言い切れませんが、

とにかくとーっても小さいため、呼吸器系の各部位へ沈着し人の健康に影響を及ぼすと考えられています。

私もぜんそくもちのため、実際どのくらいの数値が出ていたのだろうと調べたかったのですが、

大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)ホームページはアクセスが集中しているらしくつながりませんでした。

 

ただ、これまでのところ健康への影響が心配されるレベルではないとして、冷静な対応を呼びかけていると言われています。

健康な人に急激な影響はないかもしれないが、呼吸器・循環器系の持病がある方は外出を控える、マスクを着用する、ということが有効なようです。

(マスクは医療用のものでないと、粒子が素通りしちゃうそうです)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

無題

具合の悪い時は何もお腹に入れないで寝る。
が一番早く良くなりますよ。
テレビで某医師が言ってました。
私はいつも実行しています。
お大事にー。

ありがとうございます

そうそう、無理に食べる必要ないんですってね。
昔はとりあえず食べろって言われませんでした?
そのせいで(?)病気するとなぜかいつも太るんですよね、私…
もうすっかり元気です。ありがとうございます♪
リンク
最新記事
プロフィール

大倉スタッフ

Author:大倉スタッフ

最新コメント
月別アーカイブ
記事更新お知らせします
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR