アモイ旅行(4)

リソイル部の砂田です。アモイ旅行も今日で終わりにします。

旅行のメインである。客家土楼の話です。福建省の田舎に世界遺産となった土楼があります。

盗賊から家族を守るため一族で住んでいたとの事 観光に行った土楼は地上4階建で1・2階は石と土でできており

3・4階が木造でした。直径50m位はあり300人位で住んでいたそうです。

現在も住んでいる人がいて、お土産で鉄観音やピーナツを売っていました。ピーナツはとても美味しかった。

 行く途中のドライブインでみた赤いバナナ 1本5元(75円)高かった。

アモイ 108_R.jpg

 

高速道路を降りたとたん砂利道の凸凹道

ノーヘルの姉さんが電気スクーターに颯爽と飛ばしてきました。

この凸凹道のせいでバックに入れていたミネラルウォーターの

蓋があきバックの中は水びたし、携帯が水没してしまいました。

アモイ 112_R.jpg

客家土楼の全景

4階建 1階が共同広場 2階が倉庫 3・4階が住居

 

アモイ 122_R.jpg

 

入り口は2箇所 正面入り口 警備員がたつていました。

アモイ 125_R.jpg

ガイドさんの横にある穴が、外から帰ってきた人用のインターホンみたいなもの

アモイ 126_R.jpg

壁の厚みは1.2m ちなみに地下2mまで、石の基礎があるそうです。

アモイ 127_R.jpg

土楼の内部 真ん中にある2個の丸いものは井戸

アモイ 136_R.jpg

内部のお土産屋さん ピーナツ・鉄観音(高いのか、安いのか不明)

アモイ 133_R.jpg

鉄観音の茶畑 日本の茶畑に比べて背が低く膝の高さくらい

アモイ 148_R.jpg

 

鉄観音の茶の花咲いていました。

アモイ 149_R.jpg

 

帰りに寄った宝石・石美術館の奇岩

アモイ 150_R.jpgアモイ 152_R.jpg

 

アモイ 151_R.jpgアモイ 154_R.jpg

 日本でいう茶摘娘の舞踊ショー                     石の楽器演奏

アモイ 156_R.jpgアモイ 159_R.jpg

僕と体型が似た石像と 

 アモイ 161_R.jpg

アモイの空はとても青く 暖かかだった(ダウン脱いでセーターでも汗をかきました。)

アモイ 165_R.jpg

これでアモイ旅行の話は終わり 人に聞いたより自分で体験したほうがいい

3泊4日あの値段で採算とれるのかな(最後の夜はOPで海鮮火鍋でしたが、行かなくて恒例のマックドナルドで

日本にないバーガーを食べました。セットで300円バーガー+ポテト+コーラ付)

最後にアモイは、香港・マカオと違って英語も日本語も通じません

 

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
最新記事
プロフィール

大倉スタッフ

Author:大倉スタッフ

最新コメント
月別アーカイブ
記事更新お知らせします
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR