タイトル画像

トルコ旅行(5)

2013.04.20( ) 99

リソイル部の砂田です。5月鯉のぼりの季節になりました。隣の家の庭に鯉のぼりが上がりました。

我が家に鯉のぼりが上るのはいつのことになるのやら,

我が郷里の球団 広島カープもけが人が多く出て苦戦しておりますがなんとか持ちこたえております。

早くけが人が治って今年こそAクラス入りしてCSに出てもらいたい。

さて、 今回は世界遺産2つ目のパムッカレです。 綿の城ということで 白い石灰棚があるところです。

あいにく大雪になり前が見えません。山口県の秋芳洞にある千枚皿とか中国の九寒江の石灰棚を想像してください

石灰山から温泉がわきでてつくられたものとのことですが温泉の湯気で周りは全く見えませんが

世界遺産の為 靴をぬいで入ります。韓国の観光客もきていましたが、警備員の人の警告も全く無視して

靴を履いたまま入場していました。トルコの警備員の人には日本人も韓国人も見分けがつかなくひどい観光客だなと思われていたかもしれません。

 

トルコ 056_R.jpg

トルコ 057_R.jpg

周りは全く雪でした。

トルコ 060_R.jpg

次の観光地へ行く途中のドライブインでトルコ名物 ヨーグルトとはちみつ

とチャイを注文(ヨーグルトはトルコ発祥らしい)8リラ

トルコ 061_R.jpg

 トルコは政教分離が進んでいて 他のアラブ諸国に比べて 政治に宗教色はないとのこと

下の写真は宗教学校の一つ踊る宗教のメブラーナ教のメブラーナ神学校の入口にある古代文字に飾られた壁

トルコ 064_R.jpg

メブラーナ教のモスクにて(踊る宗教です。)

トルコ 066_R.jpg

 モスク内観光から帰ってきたらもう夕暮れでモスクのライトアップが素晴らしかった。

トルコ 068_R.jpg

 カッパドキアのホテル (このホテルは温泉施設があり水着着用で混浴です。)

写真にはとれませんでしたが、日本の温泉と違って胸までつかるような浴場でした。

屋外もあり雪の中外にでてみましたが寒くて すぐに屋内に退却しました。

ハマムと呼ばれる(正当なトルコ風呂も併設されておりツアーの人も行っていました。

うわさどうり屈強な男の人が体を洗ってくれるそうです。女性専門の部屋もありました。

トルコ 070_R.jpg

次回はいよいよ カッパドキアの話です。

 



Re-soil


<<本社改修工事中! | ホームへ | トルコ旅行(4)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohkura1441.blog.fc2.com/tb.php/99-36981d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)